教育補助 妊娠発覚で退職

大好きなこども相手のお仕事でした。
毎日楽しくお仕事をし、補助の立場と言うこともありこどもたちからも気軽に接してきてくれて、信頼関係を築けていたと思います。
こどもたちの悩み、苛立ちに付き合い、成長するところを見ていられると言う変え難い経験をさせてもらいました。
発達に障害のあるこどもが、心を開いてくれず四苦八苦していましたが時間をかけ、信頼を得て、「大好き。」とまで言ってもらえるようになりました。
そのときは職員と一緒に喜んだものです。
ですが私の妊娠発覚で、退職せざるを得ませんでした。担当上司は産休をとれるように掛け合ってくださいました。前例の無いことということで、簡単なことではなかったと思います。
大きな組織に対し、声を出してくださったのですから。ですが掛け合いもむなしく、産休という対応は絶対無理とのことでした。
組織が主催する研修会では、担当の上司が見下すような話し方で説明をされていました。
それを聞いた職員たちは皆、どんな気持ちだったでしょうか。
まるで「あなたたちは期日が来たらもういらない。」と言われているようでした。
人の上にたつ人が、見下したような言い方ではだれもついていかないように思います。
一般社会ではそうです。失敗したらそれ相応のぺナルティーが与えられます。
ですが、その組織には失敗したからと言って発生するぺナルティーがありません。
テレビで報道されるほどの、人としての失敗をしたときだけあてつけのように与えられます。
そんな人たちばかりではありませんが、中にはそんな人もいると思うと見方が変わりますよね。
「いつか戻ってくる?」と聞いてきた子どもの顔が忘れられません。
大事なお子さんと接してもらう立場で、妊娠し退職すること、とても申し訳なく思いました。
こどもにとっては補助だろうが教員だろうが別れは別れ。
悲しい経験をさせてしまいました。
組織の大きさ、成人してもまた職場として通うということがある一定の人たちには狭い視野しか生み出していないように感じました。
組織が大きいからこそ、人を育てるということを職としているからこそ、視野の広い考えの深い対応をできるようになって欲しいと思いました。
産休についても正規の教員については手厚いほどにあるのに対し、補助だったり事務だったりすると雲泥の差の待遇です。
実際、教員の産休が復帰から1年も経たずにまた産休というループをしている人だっています。
組織の大きさからか、「前例が無いから。「」絶対」と言う言葉がある時点で発展が乏しいように感じました。
時代にあわせて変化も必要かと思います。
結局、前例どおりに退職しましたが、お別れの日にはわたしもこどもたちも涙なしでは手を振れませんでした。

そもそも私は専門学校を中退して就職していたので、苦労が絶えませんでした。

看護助手という看護師さんのお手伝いをする職業です

高卒後、金銭的に大学に行く余裕がないと言われた事でやむなく就職の道へ。
ハローワークに母に連れられて行き、待遇面重視で母の独断にて入社しました。

確かに給与面はとても良かったし、残業も一切ありませんでしたが、入社して唖然としました。

看護助手は皆、親よりも年上のおばさまばかり。
配属されたのは約10人前後の看護助手のうち半数以上がバツイチという状態でした。

職業柄なのか、ここで遭遇したバツイチ女性は皆気が強い!それも、誰かのミスを楽しみにしているようで全員が全員とっかえひっかえに各々の悪口を言って回るような状態でした。

明日は我が身・・・・怖さと後には引けない気持ちから、目立たないように仕事をこなす日々が始まりましたが、それも数か月の事でした。

最初は新入社員の物珍しさと、自分のボロを出さないように努めていた先輩看護助手のおばさま方。
徐々にボロが出てきて、酷い人は、生理になると一切口も利かず挨拶しても無視。
常にイライラしてるのが分かり、仕事にも支障が出る程です。

数名、救いの手はありましたが、夜勤と日勤のローテーションのため、優しい職員が常に一緒に居るとは限りません。

仕事も覚え独り立ちは出来ましたが、理不尽なおばさま方の態度に当時まだ純粋だった私は毎日毎日精神的に落ち着かない状態で仕事をこなしていきました。
もう1つ、業務上で困った事。それは業務を都度教わった時に人によって教え方も要領も順番も異なるという点です。

例えば、Aさんに1→2→3の流れを指導していただいたのに、Bさんは3→1→2のやり方の方が効率がいいと言う。
そして、CさんはBさんとAさんのやり方を否定すると言った具合に、業務の流れが統一されてなさすぎて、どうしていいか分からないという状況でもあったのです。

社会人1年生の私は派閥や業務内容の差異等をどこに相談するべきかもわからず、ただ、ひたすら「大人の癖に我儘な態度で仕事にのぞむ理不尽な人たち」にギャップを感じながらも業務に励んでいました。

結局、入社半年後に男性看護師と社内恋愛に至ったことがおばさま方の絶妙な連携プレーでばれてしまい、結果、言いくるめられて退職の道をたどることに。
心の中では当時「いつもお互いの悪口言い合って、公私混同のくせに!」
と思いながらも今ではやめて正解だとつくづく思っています。

その後あれこれと公私ともに経験を重ね、彼女たちと同じバツイチになった私ですが、今思い出しても強烈極まりないキャラクターである事、そして自分は彼女たちとは別のバツイチ人生としてキリキリとすることもなく別の職場で温和に時を過ごせている事であそこに留まらなくてよかったとつくづく思います。

パチンコ店ホールスタッフはキツイ

今となれば大学卒業してる人を積極的に採用しているパチンコ店。それも最近の話で、まだまだ中学校卒業や、ヤンキー上がりといった荒くれてる人も少なからず勤務しています。
やはり、早番中番遅番といった三交代で、それなりに安定した収入になるので一家の稼ぎ頭(シングルマザー)や大学生には人気の高い職業です。わたしももともと夜の仕事をしていて、最初は気軽な気持ちで高時給・接客業だからとパチンコ店を選びました。
面接当日は、まぁまぁ普通のアルバイトの面接で、スーツの男の人がきっちりと面接。やっぱり昼間の仕事はしっかりしてるなぁと思いました。
面接も無事に通過し、勤務初日。
事務所で同じ番手のスタッフの人がいたので、挨拶と自己紹介をしましたが、目も合わしてくれずシカト。うもすもなく。
困るのが、この人がお局様ということ。
さい先がよくないなぁと思いながら勤務開始。
さっきのお局様がついて教えてくれたのですが、わからないことがあって聞きに行くとイライラしたかんじでも一応教えてくれて。でもそういう態度って、下の人間からすれば接しにくいし分からないことがあっても聞きにくくなるし、萎縮してしまうので環境的には働きにくいんですが。
こんなことを上司に相談できるわけもなく(まだ勤務初日だったので)慣れたら変わるかなっと思って前向きに過ごしました。
勤務初日から一週間ほどたち、ある程度の仕事ができるようになってきたとき、お局様がホールに出てこなくなってきました。
裏でなにか作業してる風なかんじなんですが、ツンツンと裏から出てくるのでなにも聞けず・・・。
そんなある日たまたま裏の事務所に行く用事があったので、行った時、お局様と上司が事務所で遊んでいました・・・勤務して二ヶ月目のことです。
この人たち、今までわたしに仕事を押し付けて裏でさぼりまくってたのか!!!
と、あきれる気持ち半分、怒りの気持ちも半分。
それから一週間ほどたっても、同じサイクルで上司とお局様はさぼっていたので違う上司に相談しました。さぼっているかもしれないことと、働きにくいことを。
一通り話を聞いてくれた上司は、現場を見てないからわからない。そんな人とは思えない。の一点張り。
まぁ確かに今まで目だったことがなければ勤続年数など含めても信頼があるのはわかりますが、証拠を出せと言われても出せるわけもなく。

その日からもまた上司とお局様は変わらず事務所でたばこを吸ったりサボってました。

そして、その数週間後、みんなして新人に仕事を押し付けてさぼっているということに気がついたのですが。

こんな環境で毎日働いてたら、身も心も腐りそうなので、今は育休ですが戻りたくありません。

不動産営業職の労働時間拘束長すぎて辞めたい

入社3年目になります。
町中にある店舗のため来店数が多く接客は毎日あり、週末は夕方まで接客します。
一組につき2時間から3時間接客なので、お昼の休憩なんて全くとれず、昼食は4時ごろようやく取れるという日もあります。
毎日マラソンしているかのような日々です。
接客後は大家さん、管理会社回り、契約書作成、そのほかノルマとして入居者募集看板のメンテナンス10枚、受託と
作業は山ほどあります。
その分基本給に含まれているため、ノルマ分はこなさないといけません。
休みの日はとにかく体を休めるために、家ではひたすら寝ています。
寝ていても仕事の物件に案内している様子が夢で出てきます!かなり神経質になっている証拠ですね。
休みの日も会社からの電話が鳴ることもあります。
こんな生活していて大丈夫でしょうか?
先日はついにひどい頭痛に襲われました。
その時もなんとか時間を作り病院に行かせてもらいましたがただ頭痛薬をもらって帰社し、通常の業務に戻って仕事をしました。
もう帰ってベットに横になりたい!少し休みたい!でも、帰れない現実。
自分の担当のお客さんの仕事は基本自分で対処するのがルールなので、人に頼れないのです。
営業ですから売上を上げて初めて給料として報酬がいただけるので、仕方ないですね。営業職のつらい面です。
嬉しいことはやはり、お客さんにお部屋を紹介して、そのお部屋を気に入って下さり、最後に鍵をお渡しした時にありがとう!と言って頂ける瞬間です。
その時は、この仕事していて良かった!喜んでいただけて幸せだな!と思えるのですが。
やはり体力的に男性よりはだいぶ劣りますね。男性社員が多い店舗で、女性は私ともう一人。
もう一人の女性は、体育会系で体力には自信があると言っていましたが、たまに会話すると疲れるよね〜拘束時間が長いのが辛いね〜とこぼしていました。
以前の在籍していた女性がパートとして店舗にいますが、その方はやはり体力が追い付かずに
辞めようと思ったそうですが、資格を持っていたので引き止められ、パートとして残っているそうです。
女性にはきつい条件なのだと思いましたし、3年続いているのは奇跡なのかもしれないですね〜と思ったりします。
石の上にも三年といいますから、3年務めて一区切りかな!とも思ったりします
頭痛や腰痛が出た時点で、もう体が悲鳴を上げていると思います、辞めるサインですね〜
よく将来の事を考えて決断したいと思います。